トップ

インプラントの教養

インプラント関連の新しい知識

インプラントと入れ歯の違いは?

入れ歯とインプラントの違いがはっきりいていない方もたくさんいるのではないでしょうか。もしかすると同じものだと思われているかもしれませんね。今回はこの治療の利点と欠点をはっきりお伝えしましょう。利点として挙げられるのはなんとしても食事の快適さです。顎の骨に直接ボルトを装着するので、感覚としては他の歯と全く変わりなく使えます。力強く噛むことができるのは本当に快適です。デメリットとしてはやはり、外科的な手術が必要なことでしょう。顎の骨にボルトで固定する以上、麻酔を受けて一日を手術に費やす必要があります。インプラント治療は、他にも利点・欠点はありますので、是非歯医者さんに相談してみてください。

義歯治療と入れ歯の違いとは

インプラントは高額治療のイメージがあります。使用状況にもよりますが10年以上は持つこともあり、さらに医療機関によっては補償があったり、噛み心地が健康な歯と変わらないというメリットがあります。インプラントのデメリットは何よりも高額だと言うことです。それに対して入れ歯は保険の範囲内でも食べ物を食べることが出来るものを作ることは可能です。しかし保険で作れる入れ歯には素材に制限があるため、臭いや汚れが付きやすい、長期間使用すると色が変わってしまうプラスチックを利用しなければならないというデメリットがあります。

↑PAGE TOP